カテゴリ:movie( 14 )

アルプス

「アルプス」アルミン・リンケというドイツ人監督(というか写真家)の映像作品を観ました。

なんじゃこりゃーという一言です。
ドキュメンタリーだと思い見始めたらーーー絶妙なカットが続く・・・
そうかそうか。もともとの素材はインスタレーション作品として発表されたもの。(ヴェネチア・ビエンナーレ受賞作)

雄大な自然を背景に、隣接した様々な国のシチュエーションが展開される。
この美しすぎる風景を何とか生かしたい人々や、それとは対照的にただそこで生きる人々。
そんな日常の「音」がちょっとシニカルに表現されています。
一見何でもない映像に見えますが、
自然と人間はやはり切り離せず・・・こういう視点が生まれるのだなと思った。
あまり意識していない人が多いけども。隣の人はぐうぐう寝ていた。

何でもないことほど、改めて客観的に見せられるとホント面白いです。

f0231882_13245258.jpg
来月のラインナップもよさそう
メゾンエルメス・ル・ステュディオにて










by lamblamb2 | 2016-05-08 13:40 | movie | Comments(0)

バルセロナ・パリ・ニューヨーク

クラピッシュの「青春三部作」?! (と言われているのか・・・)を観ました。
しかも、これは続編だったのかと最近知りました。
2作目は何年か前に観たような・・断片的に印象に残るシーンだけを憶えていた。あと変な話と思った記憶も。
連続してみるとなるほど面白いかも。俳優さんも一緒に成長みたいな。

こういう時期に観るのもミソかもしれません。→年末に観た。
1年間といわず、今までを振り返ってしまった。
そうそうそう!とういう庶民的なお話です。
だからこそ、あーそうか。そうすればよかったのか。とか気づける映画です。笑


f0231882_22221410.png

フランス人のこういうノリには賛同します。だがしかしパリだけは未体験・・・







by lamblamb2 | 2016-01-15 22:52 | movie | Comments(0)

DUNE

f0231882_17511290.jpg
ホドロフスキーのDUNE
未完のまま実現しなかった映画「DUNE」の伝説。

カルト映画の巨匠とされるホドロフスキーですが、やはり相当おもろいおっさんです。
85歳になる現在も子供の様な感性を失わない。
目をキラキラさせながら当時の話をする姿に、微笑まずにはいられません 笑
なんて可愛らしい人なのでしょう・・・



ホドロフスキーによって集結された"魂の戦士たち"(製作スタッフ)は
残されたストーリーボードによりそのアイデアを高く評価され、
後の「スターウォーズ」や「エイリアン」などSF映画に多大な影響を与えます。
実現していたのなら、12時間という上映時間を予定していたようですが・・・是非とも観たかった・・・

f0231882_18361425.jpg
「失敗してもかまわない、それも一つの選択なのだ」








by lamblamb2 | 2014-08-24 18:54 | movie | Comments(0)

ゆれる

ずっと観たいと思っていた映画。
西川美和監督の「ゆれる」
期待通りいい映画でした。
近作の「夢売るふたり」も面白かった。デビュー作の「蛇イチゴ」もかなり傑作。
演出がとても丁寧でどこを切り取ってもお見事の一言。



言いたくても言えないこと。
言うべきでもあえて言わないこと。
近ければ近い程。大切な人であればある程。

見えない溝が広がっていく。
心の距離はなぜか近づいていく。
「あの時」を知ってるから。



あるあるある!って言いたくなった・・・笑
by lamblamb2 | 2013-11-13 23:17 | movie | Comments(0)

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

レオス・カラックスの「ホーリー・モーターズ」を観ました。
観てよかったーーー

ゴーギャンの傑作「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」を思った。
何かのインタビュー記事でカラックスもそんな様なことを言っていたので、
きちんと伝わったのだな。

あまり意味を求めなくても楽しめるかも。表情だったり、動きだったり。色だったり。



私にとってはタイムリーだったのか。
最近読んだ本達。



f0231882_22211488.jpg




シュールで無表情なんだけどその内側はものすごい葛藤とか苦悩とかで感情がぐるぐる渦巻いていて、
息が切れそう。

でも、それでいいんだ。って思えた。
by lamblamb2 | 2013-06-04 23:00 | movie | Comments(2)

ヴェンダース

オススメのDVDを聞いたので、近くに出来たGEOに行ってみる。
最近はBSでやっているマイナーな映画や海外ドラマを楽しんでいましたが。
以前はよく映画好きの友人とビデオ屋に通っていたなぁ〜・・・としみじみ・・・
オススメもとても良かったが、一緒に借りたDVDがまたヒット。

パレルモ・シューティング

ヴェンダースづいてます・・・
pinaが上映された頃、小さな劇場でやっていて観たいと思っていたとこ。
2007年の作品。

彼の故郷であるドイツ、デュッセンドルフから始まり・・・人生に行き詰まる写真家の主人公。
舞台はパレルモに移り模索の旅が始まる。
「生と死」が題材になっていますが、変に暗くなく。所々、印象的な言葉が残ります。
しかし何と言ってもパレルモ!美しい!行きたい!

デニス・ホッパー扮する死神との下りはちょっと妙でしたが。
ルー・リード(幽霊?)の超ちょい役もウケた。

何か「好きだな〜」という映画でした。
時期的なものもあるのだろうか。



本にしても音楽にしても、どこかリンクするところがあるとグッと引き込まれる。
その瞬間って意外と大事だよね。見逃すな!みたいな。









f0231882_1815972.jpg

by lamblamb2 | 2012-07-09 21:48 | movie | Comments(0)

pina





首を長〜くして待っていたヴィム・ヴェンダースの「pina 3D」をついに観ました。


何と言うかもう、スペクタクルです。(→この響き大好き)
バルタバスの「ジンガロ」とか、フィリップ・ドゥクフレの「Shazam!」とか、
生「マウス・オン・マーズ」とか、デビット・リンチとか・・・あとなんだっけ・・・
とにかく「観ちゃった・・・感」を堪能しました。




人間の本来の姿が生々しく描写されます。

最近テニスをはじめて感じていることにはっとした。
思考だけでなく「体を使う」ということ。
普段の生活では使っていない部分が多すぎるのです。
by lamblamb2 | 2012-03-12 19:53 | movie | Comments(0)

6つの国の王子様とお姫様の物語

prince&princesses

フランスアニメーション映画「キリクと魔女」のミッシェル・オスロのファンタジー。
パチパチパチパチ!すばらしい!(できればスタンディングで)拍手モノです!

6つのおとぎ話で構成されています。北斎を題材にした日本のお話も。
真面目に作ってしまいがちな画風ですが、独特なユーモアが含まれていて何気に笑える。
なるほどフランス人的というか。新鮮です。
フランス語の音もいいんだな。きっと。



f0231882_13453181.jpg

この話がすき。「冷酷なプリンセス」より




f0231882_13325736.jpg

途中、憎い演出が・・・思わずTVを激写。






映画話ばかりですが。ついに仕事も映画関連にシフトしてしまった・・・
どこに向かっている??
by lamblamb2 | 2011-10-16 21:28 | movie | Comments(0)

夢は第二の人生

f0231882_22573746.jpg


サヴァイヴィング ライフ

平凡な中年男。夢の中で出会った美しい女。いったい何者なのか・・・?



アニメーションの巨匠、ヤン・シュヴァンクマイエルの新作です。
男の性とはーーーみたいなことを感じた。
男性は共感できるのかな。
女性は母性本能をくすぐられるような。
ソコじゃないのかもしれないけど、一人の男の切ない生涯にキュンとしてしまった。

77歳になるシュヴァンクマイエルが見つめる「人の一生」について。
夢と現実をいったりきたりふわふわ。その心理は・・・人って複雑〜

大人な映画です。もう一回観たいなー。
by lamblamb2 | 2011-09-26 23:44 | movie | Comments(0)

ラダックから学ぶ

「幸せの経済学」を観ました。

この映画の監督、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジの著書『懐かしい未来』を読んでいて、
彼女の声を聞きたくなった。

・・・最近のドキュメンタリーは少しエンターテイメント性が強くないかな?
楽しめるけど。

映画館を出ると、沢山の情報と若者で溢れた街にとても違和感を覚えた。
アップリンクがこういう映画を渋谷で上映し続ける意味が分かったような気がする。
若者にこそ観てもらわなきゃ。なのです。





f0231882_14132116.jpg


この本は素敵です。
by lamblamb2 | 2011-09-05 14:40 | movie | Comments(0)


フェルト制作日記


by lamb

プロフィールを見る
画像一覧

HP

カテゴリ

全体
news
work
daily
art
movie
music
book

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

最新の記事

ミニバラ
at 2017-06-05 00:09
zao
at 2017-02-12 17:43
2017
at 2017-01-01 00:00
Philippe DeCou..
at 2016-11-09 23:27
台北
at 2016-09-28 23:47

最新のコメント

近くにこんな場所があった..
by lamblamb2 at 23:22
行ってみたんだ!? 楽..
by kyo at 05:08
ima 見ました 笑  ..
by lamblamb2 at 17:51
ima 今勝..
by sango at 10:23
うん かわいいです 笑
by lamblamb2 at 21:44
さすが!!!カッコイイし..
by kyo at 16:10
新作がなんとか間に合った..
by lamblamb2 at 21:24
どうですか?進んでる?パ..
by kyo at 09:27
そだね。 動画を貼付け..
by lamblamb2 at 23:55
イベントは久しぶりで楽し..
by ロズママ at 08:55

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

アート・デザイン
映画

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31