<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

建築はどこにあるの??



ムシムシ、ジメジメが続きますね。
そんな日は美術館で涼みましょう。



東京国立近代美術館
「建築はどこにあるの?」7つのインスタレーション

なんとこの展示。撮影OK。
「あなたの答えを写真におさめよう!」
という訳で、答え?



f0231882_13245916.jpg

中村竜治 とうもろこし畑





f0231882_13385877.jpg

菊池宏 ある部屋の一日





f0231882_13351115.jpg

伊東豊雄 うちのうちのうち





「光と空間」をテーマにした、菊池さんの作品。
このモノクロの映像は、別室で撮られている模型です。
部屋(模型)を中心に、
太陽(ライト)がゆっくりと回っています。
映像におこされたその陰と陽は、空気や風までも感じる。
模型だとは思えない情緒があります。
添えられたさりげない音楽がまた良いのです。


細かい仕事にはいちいち驚かされる。
僕たち工作大好き!みたいな喜びが伝わってきます。


しかし快適な時間でしたな・・・
by lamblamb2 | 2010-06-29 13:52 | art | Comments(2)


「鴗鳥の青き御衣を・・・」

古事記にある大国主命の歌の一節。
飛鳥時代に中国から渡来し、染色また薬用に使用された。
ちなみに鴗鳥(そにどり)とはカワセミのこと。

出来れば生葉で染めたいところだが、
とても手間がかかります。
今回は市販されている粉末状のもので。



羊毛と簾

f0231882_1625629.jpg





ミントブルー

f0231882_1631057.jpg




天気がよろしくないので写真が・・・
by lamblamb2 | 2010-06-27 14:56 | work | Comments(0)

misaki


甥っ子、アーチスト岬己の作品のご紹介。


カメラ?
f0231882_1129768.jpg


心霊写真と謎の暗号・・・
f0231882_1130965.jpg



子供の創造力にはかないません。やられた!
by lamblamb2 | 2010-06-21 11:54 | art | Comments(2)

前衛下着道:鴨居羊子とその時代


鴨居羊子さんという人が気になって気になって
見に行きました。岡本太郎美術館にて。

f0231882_13335480.jpg


f0231882_13553518.jpg

1950年代、戦後間もないその時代に
斬新なデザインの下着を発表した女性です。

下着にとどまらず、映像や絵画、人形制作、料理など多様な表現をし続けた彼女。
その表現はとても純粋で個性的です。


f0231882_14345658.jpg


絵画は思っていた以上に素敵でした。わたし好み。
彼女の文章もとても面白いらしい。
図録を買えばよかった・・・






f0231882_1528273.jpg


生田緑地内にあるこの美術館。
緑がいっぱいで気持ちのいいところです。
by lamblamb2 | 2010-06-20 15:34 | art | Comments(2)

アニッシュ・カプーア

SCAI THE BATHHOUSE
200年の歴史がある銭湯を改装したギャラリー。
初めて行きました〜。

アニッシュ・カプーア。
インド出身の現代彫刻家。
現在はイギリスに拠点を置き活動しています。

f0231882_2331687.jpg

f0231882_2333615.jpg


一見とてもクリアでキレイなオブジェ。
その存在だけで説得力を感じますが、
そのものに直に接すると、
綿密に計算された視覚的な効果を体感できます。
吸い込まれるような不思議な感覚。

さすがインド人・・・。
by lamblamb2 | 2010-06-14 23:48 | art | Comments(0)

color


ひたすらちくちく刺繍作業。

艶のあるこの細い線は必須。



f0231882_166359.jpg

by lamblamb2 | 2010-06-12 23:50 | work | Comments(2)

a beautiful mind


先日、BSでやっていた映画の話。「ビューティフルマインド」
ラッセル・クロウ演じる、実在の天才数学者。
ジョン・ナッシュの半生を描く物語。
ノーベル賞受賞という成功を手にするまでの苦悩。
精神疾患「統合失調症」(妄想や幻覚などの症状)
という病に苦しめられます。

映画は脚色しているとは思いますが、
病に蝕まれたラッセル・クロウがとても怖い・・・。

f0231882_1373685.jpg


エリート人生まっしぐらの彼に何があったのか??
彼の心の中にしか分からない。
天才といえども人間ですから。

f0231882_13282835.jpg


ジョン本人。ご健在です。

何かずっしりと心に響いた作品でした。
by lamblamb2 | 2010-06-07 13:30 | movie | Comments(0)

しぼよせ


部屋を片付けていたら、以前織ったショール(?)が出てきた。
作りっぱなしのものが結構あります・・・

「しぼよせ」という技法。
経糸は綿と麻、緯糸に羊毛を強く撚った糸を使っています。
織りあがった後、
湯に浸けると撚りが解け、布の表面にしわができる。
というもの。

f0231882_15383677.jpg


ショールというかなんというか。幅5㎝、長さ50㎝位のもの。
アクセサリー感覚で首にくっると巻く。みたいな感覚でしょうか。

f0231882_1539109.jpg


以前、ギャラリーで知り合った作家さん。
秋野ちひろさんの真鍮のネックレスを合わせてみた。素敵。



f0231882_15421352.jpg


まだあった。これはもっと細いな・・・

f0231882_15433219.jpg




f0231882_1539895.jpg



f0231882_1539376.jpg







こちらは染めた糸が沢山残っていたので、織ってみた。たしか。

久しぶりに再会したコ達。いいじゃん。と思えた。よかった。
by lamblamb2 | 2010-06-02 15:00 | work | Comments(2)


フェルト制作日記


by lamb

プロフィールを見る
画像一覧

HP

カテゴリ

全体
news
work
daily
art
movie
music
book

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

最新の記事

ミニバラ
at 2017-06-05 00:09
zao
at 2017-02-12 17:43
2017
at 2017-01-01 00:00
Philippe DeCou..
at 2016-11-09 23:27
台北
at 2016-09-28 23:47

最新のコメント

近くにこんな場所があった..
by lamblamb2 at 23:22
行ってみたんだ!? 楽..
by kyo at 05:08
ima 見ました 笑  ..
by lamblamb2 at 17:51
ima 今勝..
by sango at 10:23
うん かわいいです 笑
by lamblamb2 at 21:44
さすが!!!カッコイイし..
by kyo at 16:10
新作がなんとか間に合った..
by lamblamb2 at 21:24
どうですか?進んでる?パ..
by kyo at 09:27
そだね。 動画を貼付け..
by lamblamb2 at 23:55
イベントは久しぶりで楽し..
by ロズママ at 08:55

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

アート・デザイン
映画

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30